• ごあいさつ
  • 指導者のプロフィール
  • 活動履歴
  • 合唱団の規約
  • 練習曲目
  • 団員の募集について

指導者プロフィール

指揮者:安達 陽一(Adachi Yoichi) 

武蔵野音楽大学卒業後、オランダ・アムステルダムのスヴェーリンク音楽院合唱指揮科に 2年間留学する。指揮法を Daniel Reuss、ルネッサンス音楽を Paul van Nevel、合唱指揮を関屋晋氏に師事。
96、97 年オランダのユトレヒトで行われたサマーセミナー "Kurt Thomas Cursus" に参加し、クロージングコンサートの出演指揮者に選ばれ、オランダにおいてラジオ放送される。
帰国後、99 年 6 月にフィンランド・タンペレにて行われた「International Choir Festival」参加し金賞を受賞。99 年7月にはオランダ・ロッテルダムに於いて
「Cappella Amsterdam」を指揮、バッハを演奏し好評を博した。2000 年 9 月にはスペイン・バルセロナで行われた「Folk Songs Festival」に参加し銀賞を受賞。03 年には函館市主催の
「廣瀬量平合唱の夕べ」において女声合唱を担当、指揮する。05 年 8 月京都に於ける世界合唱シンポジウムのオープンシンギングの講師を務める。10 年 4 月クロアチア合唱指揮者協会主催のシンポジウムの講師を務める。
Fontana di Musica を主宰。関東を中心に活動する傍ら、朝日カルチャー ( 新宿 ) に於いて講師も務める。JCDA 日本合唱指揮者協会理事

ヴォイストレーナー:高田 由紀 (Yuki Takada) 

国立音楽大学 声楽科卒業。
日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第3期生修了。
瀬川 武、阿部容子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァの各氏に師事。
育成部修了公演「オルフェオ」のタイトルロール出演を経て、
「助けて、助けて、宇宙人がやってきた」〈エミリー〉で、
藤原歌劇団にデビュー。
日本オペラ協会に「三人の女達の物語」〈花子〉でデビュー後、
「袈裟と盛遠」〈白菊〉、「修善寺物語」〈かえで〉、「春琴抄」〈菊次〉、
「よさこい節」〈辰〉、「キジムナー時を翔ける」〈フミオ〉、に出演。
「日本歌曲連続演奏会」に度々出演。
その他、宗教曲のソロ、各種コンサートに出演。
2006年、2007年にソロリサイタル開催。
1996年?98年、渡伊。
在伊中、オーストリアのドイチュランツベルクにてコンサートに出演し、市長賞受賞。

ピアニスト:関藤 麻衣子(Maiko Sekitoh) 

国立音楽大学 器楽学科卒業。
ピアノを日高七重氏、篠井寧子、室内楽を生島繁氏、ポール・メイヤ氏に師事。
幅広いジャンルでピアニスト、コンポーザー、アレンジャーとして活躍する他、
シンガーソングライターとして活動。
また、在学中よりJ-POPシンガー広瀬香美が校長を務めるヴォーカルスクールにて講師を勤め、
退社後も精力的にヴォイストレーナーとして、数々のアーティストを育てている。
クラシック界ではソロ活動の他、室内楽、様々な伴奏、発声・合唱指導、ミュージカル俳優指導、
ポップス界では様々なアーティストのピアノ・コーラスでのライブサポート、
また、映画・TVドラマ等の吹き替えピアニスト、俳優への指導、演奏家としての出演、
ピアノ・ヴォーカルでのレコーディング参加など。
2006年自身オリジナル1st.Album『BLUE RIVER』リリース。
2nd.Album『Wish&Peaces』は“愛・平和・大切な人へのメッセージ”がテーマのアイリッシュな作品。
両アルバム共、オリジナルのヴォーカル曲、ピアノ曲、クラシックピアノ曲入り。

  • ページトップへ戻る